レビュー

現役大学生が思う大学生におすすめの本5選【自粛期間必見】

 

こんにちは、閲覧ありがとうございます。

 

今年から大学生になった方やそうでない方も、大学の講義内で読書を勧められた経験、多いのではないでしょうか。

 

今日の授業で〇〇先生が読書せえ言うてたけど、効果あるんかなあ…
それはどんな効果求めるかによるやろけど、まず試してみるのは良いかもな
確かにな、行動せずに判断するのは違うしな。
そやな
でもどんな本読んだらええかわからんねんな、なんかオススメの本ある?
しゃーないなあ…

 

ということで今回は、現役大学生である自分が本当に大学生におすすめできる本を5冊紹介したいと思います。

 

 

大学生にオススメな本5選

学びを結果に変えるアウトプット大全

 

1冊目、樺沢紫苑さんの『学びを結果に変えるアウトプット大全』になります。

こちらの本は、大学の学業だけでなく、全ての勉学(スキル習得にかかる様々な勉強など)においてアウトプットの基礎を習得できる内容になっています。

 

Amazonのレビュー等をみると、「内容が薄い」や「あたりめえだろ」のような口コミも寄せられていますが、実際にそう感じる部分もあります。

ですが、この当たり前だと感じることを自分が実践できているか?と問われると8割くらいNOなので、愚直に実践できるかどうかでこの本が自分にとってどのくらい価値があるかが変化してくると思います。

 

大学生活において、この本の内容の事項を数多く実践できていると、様々な意味で「楽に」過ごせるようになるでしょう。

 

学び効率が最大化するインプット大全

 

2冊目は、1冊目と同じく樺沢紫苑さんの『学び効率が最大化するインプット大全』になります。

こちらもアウトプット大全と同じく、アウトプットを効率化するためのインプット方法の基礎が習得できる内容になっています。

同様に、レビューでは「内容が…」等の口コミが寄せられていますが、実際に行動したくなるかどうかによって価値は変わるので、マイナスなレビューは無視でOKです。

 

アウトプット大全と合わせて読んで実践することで、学びの効率や習得が何倍もよくなるので、ながら読みでこの本の内容をいろいろ挑戦してみると良いですね。

 

この2冊は、大学生活の学業における基盤となってくれるので、是非手にとって読んでみてください。

 

1分で話せ

3冊目は、伊藤羊一さんの『1分で話せ』になります。

こちらは、相手に伝えるとは何か?という部分から、実際に1分で伝えたい内容を伝えるためのテクニックなどが記されています。

 

大学の講義や就職活動などの大学生活において、相手に自分の意見を伝える機会はかなり多いです。(当たり前のことを言っています)

自分の意見がうまく相手に伝わらなかったら、自分が不快になることはもちろん、相手も不快にさせてしまうので、できればこのような状況は避けたいですよね。

「自分が思っていることを相手に理解してもらえなかった…」という経験が多い人は、大抵自分の伝える力不足であることが多いので、克服する必要があると思います。

 

この本は、伝える力を総合的に身に付けることができるバイブル的なものなので、読んでみると良いですね。

 

スタンフォード式最高の睡眠

4冊目は、西野精治さんの『スタンフォード式 最高の睡眠』になります。

こちらの本は、人間が1日の3分の1の時間を使っている睡眠について、質の観点から睡眠効率を上げる方法が記されています。

 

大学生といえども、遅くまで課題やテスト勉強に励んだり、友人と深夜まで遊んだりと、睡眠効率がどうしても悪くなる時がありますよね。

そういった時でも、この本に書かれていることを実践することで、睡眠のリズムを調整することができたり、睡眠効率を上げることができるのではないでしょうか。

 

睡眠の質を改善するだけで体調管理はもちろんのこと、日中のパフォーマンスも調子良くなるので、実際に手にとって読んでみて実践してみてはいかがでしょうか。

 

知的複眼思考法

5冊目は、苅谷剛彦さんの『知的複眼思考法』になります。

この本は、自分自身の視点からものごとを多角的に捉えて考え抜くという「知的複眼思考法」を養うことを目的として書かれた本です。

 

この本を読んで実際に行動することで、自分の頭で深く考えるために必要な、情報を正確に読みとる力やものごとの筋道を追う力、受け取った情報をもとに自分の論理をきちんと組み立てられる力を総合的に身に付けることができるでしょう。

 

自分語りになりますが、この本は大学入学時に先輩からいただいた一冊で、ガッツリ読み込んで行動したことによって自分なりに大学生活の基盤を形成することができたので、皆さんにもオススメの一冊です。

 

 

まとめ

この記事の内容をまとめると

・インプット&アウトプット大全で学びの基盤づくり

・1分で話せで伝える力を養う

・最高の睡眠で最高の睡眠を得る(?)

・知的複眼思考法で

になります。

 

この自粛期間(もう終わってますか?)に本を読むことを習慣化できれば、従来より広く知見を身に付けることができると思いますので、皆さんも是非1冊から始めてみてください。

 

 

-レビュー
-,

© 2020 大学生の副業生活 Powered by AFFINGER5